アンブロトースのマナテック日本公式サイト 社会貢献活動【M5M(ミッション・ファイブ・ミリオン)】

ミッション ファイブ ミリオン 消費者の皆様の製品購入と栄養不足の子ども達への支援を結びつける私たちの社会貢献事業

活動報告

南アフリカの児童施設を訪問

ロバート・セネット博士 家族で南アフリカの児童施設を訪問

M5Mは皆様の協力を得て確実に実を結びつつあります。
子どもたちから笑顔も届いています。

M5Mに影響を与えた人々。共感し協力くださっている人々。

ムハマド・ユヌス氏
ムハマド・ユヌス氏

「グラミン銀行」の創始者として世界的に有名なバングラデシュの社会起業家。マイクロクレジットやマイクロファイナンスのコンセプトを作ったユヌス氏は社会起業家活動の父とも言える人物で、より良い世界を作ろうとするマナテックのM5M(ミッション・ファイブ・ミリオン)にも影響を与えました。2006年、ノーベル平和賞を受賞。

ビセンテ・フォックス元大統領
ビセンテ・フォックス元大統領

2000年から6年間にわたりメキシコの大統領職を務め、退任後は自身の出身地に児童養護施設を設立。また、教育分野などの事業を展開する「セントロ・フォックス」という団体を主宰して社会貢献活動にも取り組んでいます。

 ファイトブレンドは栄養不足への対策として最適です。その効果は大きく、子どもたちにもすぐに違いが現れています。
— ビセンテ・フォックス元大統領

メディアにも注目されています

USA TODAY a gannett company

全米で最も読まれている新聞のひとつ「USA Today」がマナテックの社会起業家活動を取り上げ、"ハート(心)のある企業"と紹介しました。

ブルンジ共和国のピエール・ンクルンジザ大統領が2011年10月、マナテック米国本部(テキサス州)及びマナリリーフを訪問し、創業者らと会談しました。ンクルンジザ大統領の訪米は、栄養不足に苦しむ自国の子どもたち、そして全ての国民に希望をもたらすことが目的でした。大統領は、「ギブ・フォー・リアル(現在M5M)」プログラムを介してマナテックや関連団体と協力し、自国の子どもたちをファイトブレンドで救おうと努力し続けています。

ゆっくり、一歩ずつ、誠実に・・・
アソシエートの皆様全員の夢が叶い、
栄養不足で亡くなる子がいなくなるまでM5Mは続きます!