アンブロトースのマナテック日本公式サイト 「マナテックからのお知らせ」

マナテックと米テキサス女子大、栄養・健康指導者のオンライン育成プログラムを共同開発へ

プレスリリース(マナテック・インコーポレーテッド テキサス州コペル 2011年10月18日付)

マナテックと米テキサス女子大学(TWU)は10月18日、栄養と健康に関する指導者を育成するためのオンラインプログラムを共同開発すると発表しました。このプログラムでは、大学レベルの栄養学及び個人向けの健康指導法がオンラインで学べます。TWU栄養食品学部教授のチャンダン・プラサド博士は本プログラムを「良質な栄養補給と生活習慣を通じて健康な身体と心を作る方法を学べる」ものと紹介しています。

このプログラムはTWUの学部での授業内容を45時間で学習でき、健康・医療分野の専門家だけでなく誰もが自分のペースで受講できるようになっています。学習課程には栄養、総合的な健康及び栄養補助食品に関する包括的な内容が盛り込まれ、健康的な生活習慣に関心のある人々に対する効果的な指導方法が学べます。課程修了者には、TWU栄養食品学部から修了証書が発行されます。


マナテック・インコーポレーテッドのロバート・セネット共同最高経営責任者 兼 科学部門最高責任者は、本件について以下のコメントを発表しました。「米国政府は数十年も啓発キャンペーンを続けていますが、米国民の栄養状況はいまだに残念な状態のままです。全米で新鮮な野菜、果物、食物繊維の摂取が不十分である一方、摂取されている食品の大半は加工食品になっており、これが数多くの健康問題と巨額のコストを生じさせています。“ウェルネス”について適切に訓練され、栄養や健康的な生活習慣について消費者を個人指導できる“指導者”が必要なのです。22万3,000人(*)に上るマナテックアソシエートの多くは、ウェルネスを熱心に希求しています。(世界的に有名な栄養学部で知られる)TWUが提供するこのオンラインプログラムは、アソシエートにも、拡大を続ける健康・栄養分野でのキャリア構築を志望する人々にも、新しいチャンスを作り出すものと確信しています」。

セネット博士は本プログラムの中で栄養補助食品健康教育法(DSHEA)に関する特別講演を行なっています。特別講演の目的は、栄養補助食品を伝える人々が米食品医薬品局(FDA)の規制を遵守できるよう指導することです。

このオンラインプログラムに関する詳細は、米テキサス女子大学(TWU)のウェブサイト(英語)をご覧ください。

*過去12カ月におけるアクティブなグローバル・アソシエートの人数。